【税金は減らせる!】仮想通貨の税金は払わないとバレる?減らす方法

仮想通貨 税金 減らす
泉浩兵

せっかく仮想通貨で儲かったのに、税金高すぎだよ。

何か払わない方法ないかな…

渡辺成美

気持ちはわかるわ。

でもね、税務署を甘く見ると地獄が待ってるわよ。

正しい節税方法を学びましょ!

仮想通貨で利益が出たのは嬉しいけど、税金が高すぎてショックを受けていませんか?

かと言って、利益を小さく申告したりなど正しく確定申告を行わないと、払う税額が大きくなります。

この記事を読めば、合法的に最大限手元に残る利益を増やす方法がわかりますよ!

目次

確定申告はしなくてもバレない?

仮想通貨 税金 ばれない

税金が高すぎるのは事実ですが、確定申告をしないとほぼ確実にバレると考えてください。

「私だけは大丈夫かも」と考えていませんか?

泉浩兵

だってこんなに取るなんてあんまりだよ。泣

未申告はバレる

税務署は、銀行などの金融機関や取引所の取引情報を簡単に取得できます。

仮想通貨市場においても、国税庁による大規模な捜索が行われました。

渡辺成美

税務署は延滞税を多く取るため数年泳がせることもあるよ…

「1年連絡が来ないから安心」というわけではなく、何年もリスクを引きずる羽目になります。

未申告がバレた場合

未申告が税務署から指摘された場合、通常の税金に加えて以下の追徴課税がかかります。

  • 未申告加算税
  • 延滞税
  • 重加算税
仮想通貨で年間1000万円の利益があった場合(本業年収400万円)
  • 正しく確定申告した場合の「所得税」 約308万円
  • 故意に申告せず、2年後に税務署から指摘された場合の「所得税+追徴課税」 最大約582万円
泉浩兵

なんと税金倍増!落ち込むどころの話ではありません。

支払う必要のなかった税金まで多く取られるので、確定申告は必ず行いましょう。

利益の計算を簡単にする方法

誤って少なく申告した場合、過少申告加算税()や重加算税()、延滞税がかかります。

そのため、利益の計算を正確にすることは節税の観点でとても重要。

私がオススメする、利益の計算を簡単にする方法は以下2つです!

1つの取引所にまとめる

複数の取引所を利用していると、取引履歴書はそれぞれで取得が必要です。

利益の計算時には取引所ごとには分けれず、複数の取引所での取引をまとめて計算する必要があります。

渡辺成美

どうしても必要になるまでは、1つの取引所で運用するのがオススメです。

取引所のオススメは、国内最大級のユーザー数を誇る

ユーザー画面が非常に使いやすく、1つの取引所に集約するなら最も使い勝手が良いです。

ユーザー数が多いと確定申告の情報も多くネットに出ているので、その点も大きな使いやすさと言えます。

取引所手数料販売所手数料通貨数
無料無料種類
最低購入額レバレッジキャンペーン
500円~なし500円分のBTC
Good Point
  • 関東財務局登録済みの暗号資産交換業者
  • 国内最大級のユーザー数
  • BTC(ビットコイン)の取引手数料無料
  • 500円から購入可能

500円という少額から取引ができるので、初心者向きの取引所です。

親会社はマネックス証券で有名な東証一部上場企業のマネックスグループなので安心!

計算ツールの利用

確定申告漏れがこわい、今後も継続して仮想通貨投資をやりたい、という人には計算ツールの利用がオススメ。

私のオススメのツールはです。

Cryptact は取引件数50件、Gtax は100件まで無料で使えます!

泉浩兵

ツールによって対応していない取引所があるので、利用している取引所が対象かどうかを確認してから契約しましょう。

通貨数取引所数料金
約14,000約60※プランによる
海外取引所DeFi操作性
対応対応
Good Point
  • 国内No.1の仮想通貨自動計算ツール
  • 対応取引所は約60以上
  • 海外取引所DeFiにも対応
  • 取引件数50件まで無料

Cryptactは国内No.1の自動計算ツールで、対応通貨数は約14,000以上です。

海外取引所やDeFiにも対応しているので、複雑な計算もあっという間に計算できますよ。

通貨数取引所数料金
約15,000約70※プランによる
海外取引所DeFi操作性
対応対応
Good Point
  • 税理士事務所の導入数は100以上
  • 対応通貨数は約15,000以上
  • 対応取引所は約70以上
  • 取引件数100件まで無料

Gtaxは税理士事務所にも導入されている自動計算ツールです。

対応取引所は約70以上で、DeFiにも対応しています。

合法的に節税する方法

具体的に税金を減らす方法をご紹介します!

必ず実践可能なものが見つかるので、ぜひ最後までチェックして正しく節税してください。

実践の難易度が低い順に以下の10個をご紹介します。

  1. 【低】経費を活用する
  2. 【低】ふるさと納税
  3. 【低】年間20万円未満の利益に抑える
  4. 【低】仮想通貨の損失を利益に合算
  5. 【低】税制が変わるのを待つ
  6. 【中】他雑所得の損失を利益に合算
  7. 【中】個人事業主になる
  8. 【上】法人化する
  9. 【上】不動産の減価償却費を利益に合算
  10. 【上】海外移住する

【低】経費を活用する

売上 – 経費 = 利益」 なので、経費を適切につければ節税が可能です。

経費として計上可能なのは「仮想通貨取引のために支出したことを証明できるもの」です。

以下の具体例を参考につけ忘れを防ぎましょう。

仮想通貨の取得費

例:200万円で購入した1ビットコインを、価格300万円の時に売却した。

この場合取得時の200万円がすべて経費になり、売却価格から経費として取得時の価格を差し引いた金額が利益となる。

300万円(売却価格)ー200万円(取得価格)=100万円(利益)

取引をする上でかかる各種手数料

例:仮想通貨を売却する時に取引所に払った手数料540円。

仮想通貨のコンサルティング費用

例:仮想通貨投資を人から教わるのに払った費用30万円。

仮想通貨のセミナーへの参加費や交通費

例:大阪の自宅から、東京の仮想通貨セミナーに行った時の交通費往復5万円と、セミナー参加費5,000円。

仮想通貨取引に使用しているスマートフォンの利用料金

例:仮想通貨取引にスマホを利用しているため、利用料金である月額1万円。

1日のうち平均4時間程度、仮想通貨の取引に利用している。

1万円×(4時間/24時間)=約1,667円

渡辺成美

経費には明確な線引きがないため、一度税理士に相談することをオススメします。

【低】ふるさと納税

ふるさと納税は仮想通貨の利益にも、もちろん有効です。

泉浩兵

厳密には払う税金が減るわけではありません!

でも、税金の支払いで地方の特産品などの返礼品がゲットできるなら、やらないと損ですよね。

会社員の給与に加えて、仮想通貨の利益も考慮して満額利用することをオススメします。

以下サイトを参考に、上限額を確認してください。

【低】年間20万円未満の利益に抑える

仮想通貨の投資における確定申告のラインは年間利益20万円以上です。

泉浩兵

裏を返せば20万円より少なければ確定申告はせずに済みます

たとえば、含み益35万円で今年中にすべて売却して利益を確定すれば確定申告の対象となります。

これを今年19万円、来年残りの17万円を売却、とすれば少なくとも今年の確定申告は不要です。

含み益
保有している仮想通貨が購入した時よりも値上がりし、もし売却すれば利益が出る状態のこと

利益額が大きくない方は上記の方法もぜひ検討してみてください。

【低】仮想通貨の損失を利益に合算

当たり前ですが、利益が減れば払う税金も減ります。

含み損のある仮想通貨を売って損失を確定させ、合計の利益額を減らすという方法も節税に有効です。

含み損」保有している仮想通貨が購入した時より値下がりし、売却すれば損失が出る状態のこと

含み損の通貨を売却後、すぐに同等の価格で買い直せば、運用状況はほとんど変わらずに申告する利益額のみ下げることが可能です。

※仮想通貨は短時間で大きく動くこともあるため、あくまで自己責任で行ってください。

【低】税制が変わるのを待つ

仮想通貨の税金に関するルールは他の投資と比べて悪いのが現状で、ルール(税制)の変更を待つのも手段のひとつです。

仮想通貨の投資で出た利益は「雑所得(総合課税)」として扱われますが、同じく金融投資であるFXは「雑所得(分離課税)」となります。

渡辺成美

総合課税と分離課税が払う税金に大きな違いを生みます!

総合課税」他の所得との合計額に応じて払う税金の税率が決まる

分離課税」他の所得と合算せずに一律の税率がかかる

具体例

※本業収入は会社で源泉徴収が行われている前提

①本業年収700万円のサラリーマンがFXで年間200万円の利益を得た場合

FXの利益は分離課税で一律税率(20.315%)のため、

支払う税金は 200万円(FXの利益) × 20.315% = 406,300円

②本業年収700万円のサラリーマンが仮想通貨で年間200万円の利益を得た場合

仮想通貨の利益は総合課税のため、本業収入との合計額で累進課税に当てはめる(下の表参照)。

支払う税金は 200万円(仮想通貨の利益) × 33% = 660,000円

スクロールできます
所得金額税率控除額
1,000円〜1,949,000円5%0円
1,950,000円〜3,290,000円10%97,500円
3,300,000円〜6,949,000円20%427,500円
6,950,000円〜8,999,000円23%636,000円
9,000,000円〜17,999,000円33%1,536,000円
18,000,000円〜39,999,000円40%2,796,000円
40,000,000円〜45%4,796,000円
(参考:国税庁

FXも元々は総合課税でしたが、その後分離課税に変更となった歴史があります。

そのため、仮想通貨もいずれ分離課税になると予想されますが、長い年月がかかる可能性があります。

【中】他雑所得の損失を利益に合算

同じ雑所得(総合課税)であれば、損益通算を行うことが可能です。

損益通算」 ある所得に生じた損失を別の所得の利益から差し引き、利益額を小さくすること。

同じ雑所得(総合課税)で損失が出ていれば、仮想通貨の利益から差し引いて税金を減らせます!

渡辺成美

たとえば、海外のFX会社で行うFX取引で出た損失がこれに該当するよ。

【中】個人事業主になる

利益の額が大きい場合、個人事業主になり仮想通貨の利益を事業所得として申告するのも手段のひとつです。

個人事業主になることで青色申告での確定申告が可能になり、最大65万円の税控除が受けられます。

どのような要件を満たせば事業所得として認めてもらえるかは非常に不透明なため、検討する際は必ず税理士に相談しましょう。

【上】法人化する

仮想通貨の利益額が大きい場合、最も節税効果があるのが法人化です。

個人の所得(所得税)は累進課税で最大45%もの税率になりますが、法人(法人税)は最大23.2%とお得です。

泉浩兵

利益額が大きければ大きいほど、節税効果は大きいよ。

ただし、法人化した場合、法人税の他に法人住民税・法人事業税・消費税・地方法人税などがかかります。

法人設立の費用や税理士費用もかかるため、それらの費用を踏まえても金額的にメリットがあるのか、しっかり検討する必要があります。

【上】不動産の減価償却費を利益に合算

不動産を購入すると、不動産の減価償却費用を計上することで仮想通貨の利益額を減らせます。

減価償却」購入費用を数年にわたって分割で費用計上すること

詳しくはこちらの動画がオススメです。

もちろん不動産投資をする上でリスクは付きもの、しっかりと知識をつけてからチャレンジしましょう。

【上】海外移住する

難易度は高いですが海外移住も節税手段のひとつです。

日本は世界的に見ても税金が高く、仮想通貨の税金においてもこれは同じ。

日本よりも仮想通貨に対する税金が安い国に行けば節税になります。

渡辺成美

日本人が移住したい国No.1のマレーシアでは、仮想通貨の利益はなんと無課税

ただし、移住先の新しい環境で生活をするのは簡単ではなく、節税のためだけの移住はオススメできません。

よくある質問|税金を払わない方法

仮想通貨の利益額が少なかったら、確定申告をしなくてもバレない?

バレます!

税務署は取引所への調査権限を持っていて、実際に仮想通貨市場でも国税庁の大規模な捜査が行われました。金額の大小に関わらず必ず申告しましょう。

税金を減らす方法はある?

「経費を活用する」「ふるさと納税」「海外移住」などたくさんあります!

詳しくはこちらをチェック。

まとめ|ルールの中でしっかり節税しよう!

今回は仮想通貨の税金の節税方法について、以下10個をご紹介しました。

  1. 経費を活用する
  2. ふるさと納税
  3. 年間20万円未満の利益に抑える
  4. 仮想通貨の損失を利益に合算
  5. 税制が変わるのを待つ
  6. 他雑所得の損失を利益に合算
  7. 個人事業主になる
  8. 法人化する
  9. 不動産の減価償却費を利益に合算
  10. 海外移住する

きちんと節税をして、資産形成のスピードを早めましょう!

また、利益額を間違えて申請してしまうと、節税どころか追加の税金がかかります。

複雑な利益計算を簡単にする方法は以下の2つがオススメです。

① 取引所を1つにまとめる

オススメの取引所は、画面が使いやすくユーザー数日本一の

取引所手数料販売所手数料通貨数
無料無料種類
最低購入額レバレッジキャンペーン
500円~なし500円分のBTC
Good Point
  • 関東財務局登録済みの暗号資産交換業者
  • 国内最大級のユーザー数
  • BTC(ビットコイン)の取引手数料無料
  • 500円から購入可能

500円という少額から取引ができるので、初心者向きの取引所です。

親会社はマネックス証券で有名な東証一部上場企業のマネックスグループなので安心!

② 計算ツールを活用

オススメはです。

は取引件数50件、は100件まで無料で使えます!

通貨数取引所数料金
約14,000約60※プランによる
海外取引所DeFi操作性
対応対応
Good Point
  • 国内No.1の仮想通貨自動計算ツール
  • 対応取引所は約60以上
  • 海外取引所DeFiにも対応
  • 取引件数50件まで無料

Cryptactは国内No.1の自動計算ツールで、対応通貨数は約14,000以上です。

海外取引所やDeFiにも対応しているので、複雑な計算もあっという間に計算できますよ。

通貨数取引所数料金
約15,000約70※プランによる
海外取引所DeFi操作性
対応対応
Good Point
  • 税理士事務所の導入数は100以上
  • 対応通貨数は約15,000以上
  • 対応取引所は約70以上
  • 取引件数100件まで無料

Gtaxは税理士事務所にも導入されている自動計算ツールです。

対応取引所は約70以上で、DeFiにも対応しています。

まとめ
  • 税金の未申告は必ずバレる!
  • 合法で出来る節税方法はたくさんある
まとめ♪
仮想通貨 税金 減らす

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったなら、フォローしてね m(_ _)m
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元銀行員のお金大好きアラサー投資女子。
20歳の時に始めた積立NISAで、お金ってこんなに増やせるんだ!と感激を受け、投資の世界へ。
新しいもの好きでリスク許容度高めという性格にもマッチし、現在は仮想通貨にゾッコン。
保険、投資信託、iDecoなどの投資商品の販売経験も生かし、仮想通貨の良さを伝えようとブログでの執筆を始める。

目次