【ビットコインより儲かる!?】仮想通貨のトークンとは?買い方も解説

泉浩兵

トークンってよく聞くけど、ぶっちゃけ何なのかイマイチわからないんだよね…

渡辺成美

仮想通貨との違いが少しわかりづらいよね。

でも、仮想通貨の投資で周りと差をつけるなら理解必須だよ。

きちんと確認していこう♬

「仮想通貨のトークンって何?仮想通貨と何が違うの?」とお困りではないですか?

この記事を読めば、トークンとは何か、そして仮想通貨との明確な違いについて理解でき、新たな投資先として選べるようになります。

トークンのように新たに出てくる投資対象を理解することで、より大きな利益を上げられます

渡辺成美

きちんと理解せず投資すると大損する可能性があります。

しっかり確認しましょう♬

目次

トークンとは

仮想通貨におけるトークンとは「既存のブロックチェーン上で開発された仮想通貨」のことです。

ビットコインやイーサリアムは独自のブロックチェーンを基盤としていますが、 トークンは独自のブロックチェーンを持たず、既存のブロックチェーン上で開発されます。

トークンという言葉は厳密には仮想通貨と同義ですが、一般的には上記のような意味で使われます。

泉浩兵

「トークンホルダー」はトークンを所有している人や企業のことです!

仮想通貨やNFTとの違い

代替性独自ブロックチェーン
トークン
仮想通貨
NFT
  • トークンと仮想通貨の違いは、独自のブロックチェーンを持つかどうか
  • トークンとNFTの違いは、代替性があるかどうか(替えが効くかどうか)
渡辺成美

仮想通貨とトークンはゲームの中の通貨、 NFTはアイテムのイメージです。

仮想通貨については「【初心者向け】仮想通貨とは?特徴やメリット・デメリットを解説!」で詳しく解説しています。

発行のメリット

企業や団体がトークンを発行する主な目的は資金調達です。

発行元は、トークンを発行することでプロジェクト立ち上げの資金を世界中から集められます。

トークンの種類

トークンには多くの種類がありますが、ここでは代表的なものをいくつか見てみましょう。

スクロールできます
アセットトークンさまざまなアセット(実物資産)をブロックチェーン上でデジタル化したもの。
不動産、金、ダイヤモンド、株などが含まれる。
発行者が存在し、供給量を管理できるのが大きな特徴。
セキュリティトークン有価証券(株や債券)をブロックチェーン上でデジタル化したもの。
ユーティリティトークン特定のサービスなどを利用する際に使われる権利や機能を有するトークン。
ゲームの中の通貨などがこれに当たる。
ソーシャルトークン特定のコミュニティの中で、 コミュニティへの貢献度に応じて報酬として支払われるトークン。
ガバナンストークン特定のコミュニティ内での意思決定における権利を与えるトークン。
株式会社における株のようなイメージ。
泉浩兵

いろんな種類のトークンがあり、これからも新しいものが出てくることが予想されます!

トークン購入のメリット

トークンの購入には、主に以下3点のメリットがあります。

  • ハイリターンが期待できる
  • サービスが利用できる
  • 少額から投資できる

ハイリターンが期待できる

トークンは基本的に主要な仮想通貨と比べて認知度が低いです。

そのため、良い投資先(トークン)を見つければ大きなリターンが期待できます

泉浩兵

ビットコインの価格が今から100倍になることは考えづらいですよね。

認知度の低いトークンなら大幅な価格上昇もありえます!

サービスが利用できる

トークンは新しいサービスやゲームの資金調達として発行されるケースが多いです。

新しいプロジェクトのトークンを所有することでサービスを利用できます

渡辺成美

投資としてだけでなく、最新分野の勉強としてもオススメ

私もトークンを購入して、NFTゲームを楽しんだりしています♬

少額から投資できる

仮想通貨への投資と同じですが、基本的に少額からの投資が可能です。

そのため、新分野の勉強の意味も込めて少額から始めてみると良いでしょう♬

大きな金額で新しい投資にチャレンジするのは怖いですが、お小遣い程度の金額で始められればチャレンジしやすいですよね。

トークン購入のデメリット

トークン購入の前に必ずデメリットも理解しておきましょう。

主なデメリットは以下2点です。

  • リスクが大きい
  • 詐欺のリスクがある

リスクが大きい

大きなリターンが見込めるということは、 比例してリスクも大きくなります

トークンは主要な仮想通貨と比べて価格変動が大きいので注意が必要です。

渡辺成美

始めから大きな金額を投資せずに、少額からのスタートが大切!

詐欺のリスクがある

トークンはまだまだ認知度の低い投資先なので、詐欺などの被害もあります。

投資する際は、有名なものや信頼できる会社が発行しているものを選びましょう。

トークンの買い方

トークンは、ビットコインなどの仮想通貨と同じ手順で購入できます。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 取引所に口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. トークンを購入する

画像付きの詳しい購入手順は「【初心者必見】仮想通貨の買い方!最低1円から購入できる」で解説しています。

【厳選】トークンの購入におすすめな取引所3選

1位

取引所手数料販売所手数料通貨数
無料無料種類
最低購入額レバレッジキャンペーン
500円~なし500円分のBTC
Good Point
  • 関東財務局登録済みの暗号資産交換業者
  • 国内最大級のユーザー数
  • BTC(ビットコイン)の取引手数料無料
  • 500円から購入可能

500円という少額から取引ができるので、初心者向きの取引所です。

親会社はマネックス証券で有名な東証一部上場企業のマネックスグループなので安心!

2位

取引所手数料販売所手数料通貨数
約定数量×0.01~0.15%無料種類
最低購入額レバレッジビットコイン取引量
1円~〜2倍6年連続日本一
Good Point
  • 7年以上ハッキング被害0件の高いセキュリティ!
  • ビットコインの取引量6年連続日本一
  • Tポイントをビットコインに交換可能
  • 1円から購入可能

1円から始めることができ、ハッキング被害は今まで一度もないのでセキュリティ面も安全!

みずほリクルートなどの大手企業が出資する信頼高い取引所です。

3位

販売所手数料出金手数料通貨数
無料無料種類
レバレッジ審査スピードアプリ
あり
Good Point
  • 各種手数料が無料
  • 通貨でレバレッジ取引が可能
  • 取引ツールが豊富
  • LINEを活用したカスタマーサポート

各種手数料が無料で、レバレッジ取引が幅広くできるのが特徴です。

カスタマーサポートも充実しているので初心者の方にもおすすめです。

よくある質問|仮想通貨のトークンとは

トークンって何?

トークンとは、既存のブロックチェーン上で開発された仮想通貨のことです。

詳しくはこちらをご覧ください!

トークンはどうやって買うの?

基本的には仮想通貨と同じように、以下の手順で購入できます。

  1. 取引所に口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. トークンを購入する

オススメの取引所は以下です♬

スクロールできます
取引所説明
coincheck
国内ユーザー数No.1の取引所。
アプリが使いやすく初心者におすすめ。
bitFlyer
ビットコイン取引量No.1の取引所。
ハッキング被害0件なのでセキュリティが気になる方におすすめ。
DMM Bitcoin
DMMグループの運営する取引所。
圧倒的な手数料の安さとレバレッジ取引が魅力。

まとめ|トークンを理解して新たな投資対象を見つけよう!

まとめ
  • トークンとは、既存のブロックチェーン上で開発された仮想通貨のこと
  • さまざまな種類のトークンがある
  • 買い方はビットコインなどの仮想通貨と同じ
まとめ♪

今回は、仮想通貨のトークンについて解説しました。

トークンとは、既存のブロックチェーン上で開発された仮想通貨のことです。

渡辺成美

新たなプロジェクトの資金調達としてよく使われます!

トークンの購入方法は仮想通貨と同じで以下の通りです。

  1. 取引所に口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. トークンを購入する

まずは取引所にて口座開設を済ませましょう!

オススメの取引所はこちら♬

スクロールできます
取引所説明
coincheck
国内ユーザー数No.1の取引所。
アプリが使いやすく初心者におすすめ。
bitFlyer
ビットコイン取引量No.1の取引所。
ハッキング被害0件なのでセキュリティが気になる方におすすめ。
DMM Bitcoin
DMMグループの運営する取引所。
圧倒的な手数料の安さとレバレッジ取引が魅力。
渡辺成美

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事が役に立ったなら、フォローしてね m(_ _)m
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元銀行員のお金大好きアラサー投資女子。
20歳の時に始めた積立NISAで、お金ってこんなに増やせるんだ!と感激を受け、投資の世界へ。
新しいもの好きでリスク許容度高めという性格にもマッチし、現在は仮想通貨にゾッコン。
保険、投資信託、iDecoなどの投資商品の販売経験も生かし、仮想通貨の良さを伝えようとブログでの執筆を始める。

目次